ホーム > 根管治療の問題点 > 簡易防湿では感染リスクが高い

簡易防湿では感染リスクが高い

簡易防湿について

根管治療では、歯の周りにコットンロールを置いて治療が行われることが多いようです。

コットンロールを歯の周りに置くだけでは、術者の手指や器具に触れる唾液まで防げずに、器具を通じて菌を押し込む可能性があります。治療を通じて感染根管になりうるリスクがここに生じます。

やはりラバーダムという道具を歯につけるべきなのです。ラバーダムならばコットンロールと比較にならないレベルでの防湿が実現できます。その方が確実に予後が良いのです。

歯の根の治療(根管治療)をやさしく解説するサイトです

サイトマップ

ホーム

このホームページの入り口です。2つの大きな扉があります。

歯の痛みと治療一般

歯の痛みについてや、根の治療についての一般的な事柄を扱います。

精密根管治療

精密根管治療(マイクロエンド)について、分かりやすく解説します。

医院と管理人について

医院の地図と管理人の紹介があります。

お問い合わせ

お問い合わせフォームを置いてあります。