ホーム > 根管治療の問題点 > 一般的な根管充填の問題点

一般的な根管充填の問題点

側方加圧充填法について

根管充填にはいくつか方法があります。正確な統計は無いですが、日本で最も多く行われているであろう方法は、棒状の薬を根に詰めていく方法です。根管の元々の形や根管充填前の形は人それぞれ微妙に違います。そのため、様々なサイズのガッタパーチャという棒状の薬を詰め込んでいきます。

充填原理上、どうしてもガッタパーチャ同士に隙間ができてしまいます。程度にもよりますが、菌が根の先に漏れる原因の一つになります。

汎用性の高い方法ですが、緊密な充填という点でもっと優れた方法が他にあります。

歯の根の治療(根管治療)をやさしく解説するサイトです

サイトマップ

ホーム

このホームページの入り口です。2つの大きな扉があります。

歯の痛みと治療一般

歯の痛みについてや、根の治療についての一般的な事柄を扱います。

精密根管治療

精密根管治療(マイクロエンド)について、分かりやすく解説します。

医院と管理人について

医院の地図と管理人の紹介があります。

お問い合わせ

お問い合わせフォームを置いてあります。